シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

心の状態を決める要素2

シェアする


メンタルトレーニングバナー

心に影響を与える内部要素を知っておこう

メンタル強化のアドバイス

メンタルトレーニングを受けていない人の多くは、心に影響を与える外部要素によってのみ心の状態が変化すると考えてしまいがちです。
しかし、実を言うと外部要素からの影響力には個人によって大きな差があります。

同じ出来事に遭遇してもアンフルネスに陥ってしまう人もいれば、それをエネルギーに変換して前進する人もいます。
この差はどこから生まれるのでしょうか?

この差は個人が持つ内部要素の差によって生まれています。

内部要素

  • 認知の癖
    ○過去
    多かれすくなかれ、人の心は過去(経験/記憶)によって影響を受けています。
    前日の大失敗が頭から離れず自分を責めてばかりで、とても仕事どころではないなんていう経験がある人もいるでしょう。
    合理的に考えれば前日の大失敗は、今からこなさなければならない仕事とは何の関係もないのです。
    しかし、人は過去に起こった出来事(経験)と今を上手に切り離せません。
    さらには、数時間前や前日といった近い過去だけでなく、もっとずっと古い経験が今の心の状態に影響し続けている場合もあります。一般にトラウマといわれます。
    ○未来
    人は過去と同様、未来(予測、想像)からも影響を受けています。
    来週の試験は受かるだろうか?明日の試合は勝てるだろうか?・・未来からの影響を受けて大きなプレッシャーを感じることで、今やるべきことができなくなってしまうことは珍しいことではありません。
    未来を予測・想像しアンフルネスに傾くことは現在のパフォーマンスを低下させてしまいます。
    ○現在
    ☆あの人の言葉はどんな意味だろうか?
    ☆嫌われてしまったのではないか?
    ☆僕はなんてダメなやつなんだ!!
    人は様々な予測をし、分析をし、決断をして、その度に心を揺り動かしています。予測、分析、決断などの様々な癖が心の状態の傾向を決定付けています。
    心に影響を与える内部要素
  • 行動の癖
    ○言われたら言い返す
    ○落ち込んだら部屋にこもる
    ○イライラしたら八つ当たりする
    人は心の状態から影響をうけた行動をとります。
    しかし、その行動は、心の状態に影響を与えます。
    自分のどんな行動が心をアンフルネスに陥らせやすいのかを知っておきましょう。
  • 体の状態
    体調は心の状態に強く影響を与えます。
    お腹が痛いときはイライラしたり、消極的になったりするものです。
    体をより健康で、より良い状態に保とうとすることも、メンタルの強さにつながることを常に意識しましょう。
  • 獲得スキル
    獲得している基礎スキルのレベルはひとそれぞれ異なります。
    例えばコミュニケーション。無理なお願いをされた時、気持ち良く断るスキルがある人とない人では心の状態に大きな差が生まれます。
    対人スキル、時間管理スキル・目標設定スキル、健康管理スキル、ストレス対処スキル、イメージスキルなど、基礎的なスキルのレベル差が心の状態に影響を与えています。
  • 感情・感覚回路の強度
    見落としがちなのは個人による「感情・感覚回路の強度」の差です。
    筋力も感情も、感覚もたくさん使えば強化され、あまり使わないものは弱化していきます。
    普段の生活でフルネスな感覚、アンフルネスな感覚をどれぐらい使っているかで、各感覚の強度に差が生じます。
    フルネスな感覚を強化したいのであれば、日常生活の中にフルネスを感じる習慣を取り入れていく必要があります。



058-388-8063

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告