不安や心配に対するカウンセリング

まず最初の段階では相談者様が、現在どれほど不安なのか、心配なのか・・そしてつらい思いをしているのかを、カウンセラーが相談者様とともに共有できるように、相談者様の考え方や感じ方を聞かせていただきます。
不安・心配
その後、どのような方法が相談者様に適しているかをご提案させていただきます。
不安や心配に対するカウンセリングは、認知行動療法を中心として行うことが効果的な場合が多いですから、認知行動療法を軸としたカウンセリングになることが多いです。

【不安や心配に対する対処】

相談者様を苦しめる、不安や心配の元になる考え(言葉やイメージ)を特定し、どの考えがどれぐらいの強さの不安や心配を作り出すのかを詳細に検討し、階層表(考えに1~10の段階をつける)をつくることによって、その仕組みを明らかにします。

その後、不安や心配が小さいくなる、より現在の状況に適したな考え方を見つけたり、イメージや実体験の中で、その不安や心配をやり過ごすことができるように実験と練習を行い、不安や心配に対処できる自信につなげていきます。

【不安や心配に対する耐性の強化】

また、それと平行して、不安や心配に対する耐性を強くしていただくために、瞑想法や呼吸法などの心理的耐性を強化する訓練も行っていただくと良いでしょう。

【不安や心配の背景にある認知や行動の見直し】

また、不安や心配の元になる考えを作り出す、社会的、個人的ルールや物事の見方の癖を見つけ出し、より楽になれる考え方やルール、物の見方をカウンセラーと一緒に探し、それを定着させていきます。

また、必要であれば、現在の不安や心配の元になっている記憶をたどり、その記憶に対しての認識を見直すことにより、現在の不安や心配を軽減したりします。
約束

相談者様によって事情が異なりますので、どういった取り組み方が一番よいのかはカウンセリングの中で見つけていくしかないのですが、一般的には、上記のような方法が適しているかと思われます。

不安や心配の程度によっては、医師による薬物治療を平行して行うことが必要な場合もありますし、相談者様によって取り組みは様々な形をとることになります。

ナビゲーターである心理カウンセラーが望ましいと思われる方法をご提案していきますので、ご不安な点はお気軽にご相談ください。