シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

アクティベーションスキルの最終段階ーデュプリケーション3

シェアする


循環向上

アドバイスする女性

セルフエンカレッジのスキルを高めて自分自身をフルネスに保つことができるようになるとインフルーエンス・パワーを発揮して周囲をフルネスに導くことができるようになります。

そしてチーム(組織)のために、自分と同じように自分をフルネスに保つことができて、インフルーエンス・パワーを持った人を育ててデュプリケーションすることで組織全体が活性化して、自分自身にも大きなメリットが返ってきます。

それによりさらに自分自身をフルネスに保ちやすくなりセルフエンカレッジのスキルが高まっていきます。
この好循環の流れを「循環向上」といいます。

いくらチーム(組織)を良くしようと頑張っても、セルフエンカレッジができなければインフルーエンス・パワーによって周囲をフルネスに導くことはできませんし、インフルーエンス・パワーがなければデュプリケーションすることもできません。
つまり、セルフカレッジのスキルを高めることがチーム(組織)と全ての基盤になるのです。

メンタルトレーニングの段階メンタルトレーニングの相互関係

  • セルフカレッジして自分をフルネスに導くこと
  • インフルーエンスパワーを身につけ周囲をフルネスに導くこと
  • デュプリケーションを身につけチーム(組織)のパフォーマンスを高めること

という順番が大切なのです。

1、2のうちどちらが欠けてもチーム(組織)に循環向上は起こりません。
組織全体のパフォーマンスを向上させるためにも、個人がフルネスを維持することを優先しなければならないのです。

ただし、個人は普段から自分への還元が起こることを意識して、周囲や組織全体をフルネスに保つという視点も持っている必要があるのです。

循環向上

デュプリケーション

組織がフルネスであることの価値を理解して、リーダー、スーパーリーダー、マスターを育成する

インフルーエンス・パワー

  • ミラーリングの法則
  • 理解力
  • 変化に目を向ける
  • 行動力
  • 人と繋がり存在価値を伝える

セルフカレッジ

  • レベル思考/ケース思考
  • 好きになる
  • ドライブアウェイとプレパレーション
  • 楽しむ
  • 目標を明確化する
  • 時間の選択
  • リラクセーション
  • イメージ
  • チャレンジ
  • 与える
  • 敬意を払う
  • 応援する
  • 感謝する
  • 個人のフルネスがチーム(組織)のフローになっていることを理解すること
  • チーム(組織)のフルネスが自分のフルネスにつながっていることを理解すること



058-388-8063

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告

コメント

  1. […] デュプリケーションをより強固なものにしていくためには「使命、理念、目標の共有」というアクティベーションスキルが必要です。 大抵の組織には使命、理念、目標が存在するのです […]