ブリーフセラピー

ブリーフセラピーは短期療法(5回~12回以下)と約されており簡潔であること、短期であることという意味です。
ブリーフセラピーはある特定の心理療法の流派ではなく、問題解決の効果・効率を重視する立場と言えます。

ブリーフセラピーの特徴としては、精神分析のように過去の問題や原因に焦点をあてるのではなく、「何故問題が起きたか」ということよりも、「問題解決のために何が使えるか」ということを重視する解決思考のアプローチといえます。

「どうなれば良いのか、何ができていれば良いのか」といった、「問題が解決されている姿」を明確にし、「ウェル・フォームド・ゴール」といわれる実現可能な目標をたて、「その目標を実現するための方法」を見つけ、実践していく事で問題解決・課題達成を目指します。

また、すでに起きている解決の姿(例外場面の検討や「アテンプテット・ソリューション」と呼ばれる「不適切な解決行動・努力」を見つけ出し、その方法やそれを支える信念などを見直していきます。