シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

認知行動療法で使う技法解説11

シェアする


行動契約法

新しい行動パターンを習得するためのトレーニングに入る前に、相談者(当事者)とサポートする人(カウンセラーなど)との間で、お互いが守るべき言動、義務や賞罰をひとつひとつ明記して契約書を交わして、この契約書に基づいてトレーニングを進めていく方法です。

指切りする女性

相談者(当事者)に反社会的行動(非行など)がある場合によく使われます。

この技法では、

  • 約束事や社会的規範の遵守を習得すること
  • 相談者(当事者)が自分の権利を正当に主張できるようになること
  • 相談者(当事者)が自分に果たすべき義務があることを意識できるようになること

などを通して、自尊心を育てることを狙いとしてます。

この技法はオペラント条件付けの原理に基づいています。



基礎知識に関係するページのリンクです

スポンサーリンク
アドセンス広告