シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

アクティベーションスキルの基盤セルフカレッジ26

シェアする


環境を調えるというアクティベーション・スキル

人は絶えず周りからの刺激に反応しながら生きています。
憧れているアスリートが活躍する姿を見れば、「よし、俺もいつかはあんな大活躍をしてみせるぞ」と気持ちは一気にフルネス・ステートへと変化します。
応援どんなものを見て、どんなものに接しているのかによって、心の状態は大きく影響されるのです。
つまり、自分をどんな環境に置くかという選択によって、自分の心の状態をフルネス度が変わってくるということです。

  • 毎日過ごす場所(家、自分の部屋など)でフルネスになりやすい環境作りはしていますか?
  • ライバルたちと切磋琢磨できる環境にいますか?
  • 憧れや目標をより強く、強固なものにできる環境にいますか?
  • 気分転換できる環境はありますか?

自分をフルネスに導く環境づくりの例

  • いつも過ごしている部屋には憧れのアスリートの写真が飾りましょう。
  • 勇気の出る言葉や座右の銘、目標などが目につくところに貼りましょう。
  • この場所に行くとリセットできる場所を作りましょう。
    夢や目標を忘れて頭をリラックスできる場所も必要です。
  • 部屋は整理整頓しましょう。
    快適な空間で過ごすことは心をフルネスに保つために必要です。
    散らかった部屋で過ごしているとアンフルネスに傾きやすくなってしまいます。
  • 見るとフルネスになれる映画や写真、聞くとフルネスになれる音楽などをすぐに見たり聞いたりできる状態にしておきましょう。
    フルネス度が低下してきたら、芸術や思い出に助けてもらうことも重要なアクティベーションスキルです。
    ライバル社
  • フルネス度をアップしてくれる人とできるだけ長い時間過ごしましょう。
    目標になる人、尊敬できる人、大好きな人、ライバルのそばにいるとフルネス度が上がりやすくなります。
  • その場所に行くと身が引き締まるという場所はありますか?
    レモンを見るとつばが出るように、人間には条件反射というものがあります。
    自分のフルネス度をアップしてくれる場所を見つけたら、その場所ではフルネスな感覚にたくさん浸るようにしましょう。

心をフルネスに保つためには、考え方を見直したり、行動を見直したり、イメージ力を見直したり、体調を整えたり・・様々な方法がありますが、自分がフルネス化しやすい環境に身を置くこともとても重要な要素です。

今自分がフルネス度をアップしやすい環境にいるかを点検し、必要があれば見直してみましょう。



基礎知識に関係するページのリンクです

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告