「好きになる」というアクティベーションスキル

フルネス・ステートになるためには「好き」と言う感情が必要です。
好きと言う感情はフルネス・ステートの代表的な感情です。

嫌なことをひたすら我慢してやり続けると、セルフイメージはドンドン小さくなっていってしまいます。
大好きな仲間と、大好きなことをしているとセルフイメージがドンドン大きくなってフルネスなっていきます。

つまり、「好き」という感情を大事することで、セルフイメージを大きくなるので、フルネス・ステートに入りやすくなっていくということです。

好きの価値

好きなことをしているとセルフイメージが大きくなっていきます!

ですから、フルネス・ステートに自分を導き、それを維持したいなら、「好きになる」というスキルを磨いて、できるだけたくさん「好き」という感情を感じられるようになっていくことが大切なのです。

好きなことばかりしていて良いのでしょうか?

しかし、

  • 好きなことをばかりして生活ができるの?
  • 我慢が大切なのよ!

などと、自分自身で考えてしまったり、他の人から言われてしまうかもしれません。

好きなことを「し続ける」ということは、実はとても難しいものです。
なぜなら、「好きな事」と「得意な事」が一致しないことも多いからです。

勉強が好き → 成績が悪い → 評価されない
スポーツが好き → 運動音痴 → 評価されない

評価されないことが続くと、好きだと思えなくなってしまうので、好きなことより得意なこと、評価されることを選んでしまうようになっていきます。
しかし、得意なことを選択するようになるとアンフルネスに陥りやすくなっていってしまいます

なぜなら、得意なことばかり選んでいると、評価されたり、他者に勝てた時しかフルネスになれないからです。
望んだ結果を得られなかった時に、これまでの努力が無駄なものに感じてしまうのです。

そして後悔し、自分を責めてアンフルネス・ステートの中に一気にはまり込んでしまうのです。

思考を選択して好きになる

思考を選択して好きになる

人には「得意」なことを「好き」だと感じやすい傾向があるのです。
「好き」という感情を大切にして、好きなことをやっていれば、勝っても負けても(もちろん負ければ落ち込むでしょうが・・)心をフルネスに保ちやすいのです。

なぜなら、大好きなことをしていれば結果が伴わなかったときでも「楽しい」「嬉しい」「ドキドキする」「ワクワクする」というフルネスに必要な感情を十分に感じているので、後悔や自責、落ち込みといったアンフルネスにつながる感情を感じても、すぐに心の帳尻を合わせることができからです。

以下のことについて考えてみてください。

  • 自分が好きなものはハッキリとしていますか?
  • 人からの評価や結果ばかり気にしていませんか?
  • 望んだ結果が得られなかったとしても、それをすることでフルネスな感覚を得られると思いますか?
  • 普段から好きなことについて考えたり、触れたりする時間を大事にしていますか?
  • 好きなことをする喜びを誰かと「シェア」していますか?

「好き」をたくさん経験するためには「好き」を増やすスキルが必要です。

同じ状況、出来事であっても、同じ人と接しても、欠点、悪い所、損したことなどのネガティブな側面を探す癖を持っていると「嫌い」の感情がドンドン増えていってしまいます。
しかし、ネガティブな側面とポジティブな側面は必ずセットになっていますので、「好き」という感情を沢山味わうためには、「ポジティブな側面に意識が向ける」アクティベーションスキルを向上させていくことが大切です。

ちょっと休憩・・

ちょっと休憩・・

例えば

「結婚」

  • ネガティブな側面
    結婚する前は自由にお金を使えていたのに、お小遣い制になって自由に買い物ができない
  • ポジティブな側面
    家に帰ると明かりがついている。毎朝大好きな妻の笑顔が見れる。

「優柔不断な人」

  • ネガティブな側面
    行動が遅い、決断できない
  • ポジティブな側面
    人の気持ちを良く考える、慎重、

といったことです。

「ポジティブな側面に意識が向ける」アクティベーションスキルが高くなれば、ネガティブな側面を見つけても、自分の意志でポジティブな側面に目を向けるという選択ができるので、「好き」を感じる機会を増加させ、セルフイメージをドンドン大きくしていけるのです。

ネガティブな側面ばかりを見ると、「嫌い」の感情が生まれてしまいます。
ネガティブな側面を1つみつけたら、ポジティブな側面を2つ〜3つは探す習慣を身につけましょう。

ポジティブな側面をたくさん見つけて、「好き」という感情を感じる感覚回路が鍛えられると「好き」という感情が生まれやすくなっていきます。
結果的に自分をフルネスに導くセルフカレッジ力が高くなり、フルネス・ステートを常態化していくことにつながっていくのです。

「好き」という感情を大切にすることで、どんな良いことが起こるでしょうか?

例)

フルネスな状態を作りやすくなる

仕事が充実する など

大切にしたいこと、好きなことをリストアップしましょう!

例)仕事の「好き」をリストアップ

1人でオフィスに残っているのが好き、仲間とビジョンをシェアするのが好き など



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。