話すこと=快 聞くこと=不快

人は傷つきやすく、自分の事を理解し受け入れてくれる人と一緒にいたいと思うものです。

ポイント

ですから自分の話しを聞いてくれる人といると心地よい(快)と感じます。
反対に人の話ばかりする人といると心地よくない(不快)と感じます。

毎日を元気に、快適に生きるためには毎日の時間の中で快(心地よい時間)が2〜3、不快(頑張ったり我慢している時間)が1となるように(快と不快のバランス)をとることが大切だと言われています。

コミュニケーションにおいても快と不快のバランスをとることで、より良い人間関係を育むことに役立ちます。

ですから、相手が話すが2〜3、相手が聞くが1になるように心がけましょう。
なぜなら、人にとって自分の話しを聞いて理解し、自分を受け入れてくれることが快であり、自分以外の人間を理解し受け入れようとすることは勇気や根気が必要ですから不快な時間にあたるからです。

聞くと話すのバランス

聞くと話すのバランス

もちろん、興味のある話題の時や大好きな人、一緒にいるだけで心地よいと感じる相手の時はこれには当てはまりません。
しかし、一般的な人間関係ではこのバランスをとることがとても役立ちます。

また、家族や友人などが相手の時でも、喧嘩をしてしまって、険悪なムードになってしまったらことことを心がけると良いでしょう。

「聞く」と「話す」のバランスを2〜3対1することを心がけて、より快適なコミュニケーションを目指しましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。