スキル訓練の負担とフルネスの価値を比べてみよう!

フルネスな状態(フルネス・ステート)を維持し常態化するためには、アクティベーションスキルというスキルを身につける必要があります。
しかし、新しいスキルを身につける作業には多大なエネルギーと努力が必要です。

ポイント

ですから、努力する時の負担以上に得られるものの価値があると感じられていなければ身につけることはできないでしょう。

目指す状態にどのようなメリットや意味があるかを理解し、必要に応じて再確認することがスキル習得のためのエネルギーを持続的に生み出し、継続的なスキル練習に繋がるのです。

フルネスの価値とスキル訓練の負担

フルネスの価値とスキル訓練の負担

フルネスの価値がわかり、その価値を再確認し続けなければ、アクティベーションスキルを身につけることはできないでしょう。

フルネス・ステートを維持できなくてもなんとか過ごせてしまうからです。

アンフルネスな状態で毎日を過ごして、最高のパフォーマンスを得られなくても生きていくことはできるのです。
自分自身をフルネスに導き、維持することが、自分にとってどれほどの価値があるのかを明確にし、必要に応じて確認できるようにしておく作業は、セルフコーチングにとって最も大切な作業なのです。

  • アクティベーションスキルを身につけるためには練習するエネルギーが必要です。
  • 練習するエネルギーを生み出すには、自分にとってのフルネスの価値明確にし、必要に応じて確認できるようにしておくことが役に立ちます。

自分自身のフルネスの価値リスト

フルネスそのものの価値

フルネスによって実現される
パフォーマンスの価値

フルネスでいることで快の感覚を味わい、ポジティブな感情になれること。それ自体が人間の生存目的です。この感覚を繰り返し使うことでフルネスな感覚に結びつく感情の感覚回路が強化され、毎日が楽しく、幸せで、エネルギッシュをなっていきます。

フルネスな状態でいるとパフォーマンスが向上します。パフォーマンスが出ることでより望ましい結果が出やすくなります。アイデアが出る、行動的になる、能動的になる、優しくなる、実力が発揮できる、人に優しくできるやさしくなるなど、様々な副次的価値が生まれます。より人間的で、生産的な毎日を過ごせるようになっていくでしょう。

自分の日常に照らし合わせて具体的に書き出しておきましょう!


このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。