スキル化のためのアクティベーションスキル-5ステップ

アクティベーションスキルもスキルなので、競技スキルや技術スキルと同様、簡単に身につくものではありません。

新しい知識をスキルとして定着させていくためには、学ぶ、実践、分析(観察)、改善、シェアという5つステップを実行しながら、知識をスキルとして定着さていくスキルを身につける必要が有ります。

スキル化のためのスキルを身につけるのです。

ポイント

ポイント

知識として身につけたことを実践し、うまくいかない原因を分析し、改善して、身につけたスキルを周りと分かち合う「シェア」することで、そのスキルがさらに強化されていきます。

アクティベーションスキルのスキル化5ステップ

アクティベーションスキルをスキルとして身につけるために知っておくべき5つのステップがあります。

ステップ1:学ぶ(知識、姿勢)
ステップ2:実践
ステップ3:分析(観察)
ステップ4:改善
ステップ5:シェア

ステップ4:改善

進歩・向上

進歩・向上を目指そう!

分析が済んだら今度は分析結果を基にして改善し、改善したものを実践していきます。
改善と実践を繰り返していくことで、改善のスキルが向上していきます。

改善のスキルが向上すれば新しいスキルを身につけるまでのスピードが速くなっていきます。

  • どうすれば今より良くなるのか?
  • 工夫や改善の余地はないのか?

を検討します。

大切なのは、「できるかーできないか」という発想ではなく、「今より良くなるための改善や工夫」という進歩・向上のための発想です。

一度に全ての問題をクリアできなくても構いません。
進歩・向上のための発想に基づいて実験と実践を繰り返していきましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。