スキル化のためのアクティベーションスキル-5ステップ

アクティベーションスキルもスキルなので、競技スキルや技術スキルと同様、簡単に身につくものではありません。

新しい知識をスキルとして定着させていくためには、学ぶ、実践、分析(観察)、改善、シェアという5つステップを実行しながら、知識をスキルとして定着さていくスキルを身につける必要が有ります。

スキル化のためのスキルを身につけるのです。

ポイント

ポイント

知識として身につけたことを実践し、うまくいかない原因を分析し、改善して、身につけたスキルを周りと分かち合う「シェア」することで、そのスキルがさらに強化されていきます。

アクティベーションスキルのスキル化5ステップ

アクティベーションスキルをスキルとして身につけるために知っておくべき5つのステップがあります。

ステップ1:学ぶ(知識、姿勢)
ステップ2:実践
ステップ3:分析(観察)
ステップ4:改善
ステップ5:シェア

ステップ3:分析(観察)

実践してうまく行かないと「役に立たない」「向いていない」「無理だ」と決めつけて、スキルが定着する前に実践をやめてしまう人は多いものです。

分析

分析して原因を見つけよう!

切れ味鋭いスライダーを投げる一流のピッチャーでも、初めからそのスライダーを投げれたわけではありません。

期待したとおりにならない時は、

  • なぜそうならなかったのか?

を分析してみましょう。

自分一人で考えてもわからない場合は

  • 他者の意見を聞いてみる
  • 事例を調べる
  • 書籍を読む
  • 専門家のアドバイスを受ける

など情報を集めて分析しましょう。

また、お手本になる人、参考になる人を見つけて観察する習慣があったり、気軽に意見を求めることができて自分とは視点の違う人がいると、分析能力の向上スピードがアップします。

そうした対象になる人を探してみましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。