シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

スキル化するためのアクティベーションスキル(5ステップ:実践)

シェアする

スキル化のためのアクティベーションスキル-5ステップ

アクティベーションスキルもスキルなので、競技スキルや技術スキルと同様、簡単に身につくものではありません。

新しい知識をスキルとして定着させていくためには、学ぶ、実践、分析(観察)、改善、シェアという5つステップを実行しながら、知識をスキルとして定着さていくスキルを身につける必要が有ります。

スキル化のためのスキルを身につけるのです。

ポイント

ポイント

知識として身につけたことを実践し、うまくいかない原因を分析し、改善して、身につけたスキルを周りと分かち合う「シェア」することで、そのスキルがさらに強化されていきます。

アクティベーションスキルのスキル化5ステップ

アクティベーションスキルをスキルとして身につけるために知っておくべき5つのステップがあります。

ステップ1:学ぶ(知識、姿勢)
ステップ2:実践
ステップ3:分析(観察)
ステップ4:改善
ステップ5:シェア

ステップ2:実践

跳び箱を飛ぶ

知識を実践=スキル化

新しく学んだ知識をスキル化するためには、知識として学んだことを「実践する」ことが必要です。

「知っていること」と「実践できること」は全く違います。

野球の投手がフォークボールの投げ方を新しく知識として覚えたからといって、その日から投げらるわけではありません。
知識と実践は別ものなのです。

アクティベーションスキル知識として知ったら、上手くいっても行かなくても、ひたすら実践し続けることが必要です。
知識を実践し続けることでスキルとして定着していくのです。

ですから、実践を継続するための取り組みを考えることも大切です。
例えば、一流のサッカー選手になりたければ大好きな目標とする選手の写真を自分の部屋の壁に貼ったりします。

定期入れに入れて持ち歩いていつでも見ることでモチベーションを向上させる工夫もするでしょう。

自分がアクティベーションスキルを身につける目標を確認したり、継続するための工夫や取り組みも必要だということを覚えておきましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。