結果を重視することがアンフルネスへ陥る負のスパイラルを作り出す

結果を重視すると結果を出すことばかりを意識して、

結果を出すためにはプレッシャーやストレスに耐えることが必要だ!!

と考える習慣が身についてしまいます。

ポイント

ポイント

しかし、結果を出すことを目的とした毎日の暮らしは、強いストレスを常態化させ、アンフルネスな心の状態をつくりだすネガティブな感覚回路を強化していきます。

つまり、ネガティブな感覚をドンドン強く感じるようになってしまうのです。
そうなると、ネガティブな感情を強く感じるようになってしまい、アンフルネスな状態になりやすくなってしまいます。

些細な出来事でもすぐにアンフルネスな状態に陥いるようになってしまいます。

結果を出すことを重要視し、そこから生まれるストレスを抱え、それに耐えて乗り切ることが高いパフォーマンスを出すためには当たり前だと考えてしまっている人も少なくありません。

そして、そのストレスに耐えないと結果(優勝、給料など)が得られないものだと考えているのです。
しかし、そのようなアンフルネスな状態が続くと、徐々にパフォーマンスが低下していきます。

そして、頑張っても、耐え続けても結果がついてこないので、ドンドンプレッシャーが強くってさらに疲弊してパフォーマンスが低下してしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

アンフルネス負のスパイラル

アンフルネス負のスパイラル

そのスパイラルの中で精神的に追い込まれ、落ち込んだり、不安定なメンタル状態になってしまい、結果を出せなくなって引退せざるを得なくなってしまうことさえあるのです。

また、このようなストレス状態を受け止めきれず、結果を出すことをあきらめ、逃げることでその状態を回避しようとする人も少なくありません。
このように
結果を追いかけ、重視するばかりでは、アンフルネスな状態に陥りやすくなり、高いパフォーマンスが得られなくなり、恒常的な結果は得られなくなってしまうのです。

心の状態を重視することがフルネスに続く正のスパイラルを作り出す

安定した結果を出せる人ほど結果出すこと重視するのではなく、心の状態を調えることを重視する傾向があります。
心の状態を調えることを重視するとは、安定し、エネルギーに満ちた心の状態(フルネス)に自分を導いて、それを維持するためのアクティベーションスキルの向上をめざし、それを習慣化していくということです。

フルネス正のスパイラル

フルネス正のスパイラル

しかし、「結果を出したい」のに結果ではなく、「心の状態を調えること」を重視しようとするのは、慣れないうちはものすごい勇気とエネルギーが必要です。

ですから、「結果を出したい」から「心の状態を調えること」に意識をチェンジしていくためには「心の状態を調えること」を重視した方が、高いパフォーマンスを引き出し、結果が得られ、気分が良いという正のスパイラルをシッカリとイメージする必要があるのです。

正負のスパイラルを分けるもの

正負のスパイラルを分けるもの

まずは知識として「心の状態を調えること」を重視する意味をシッカリと理解し、それを目指す決意をしましょう!!



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。