ベーシックプレジャーの選択

潜在意識の中に形成されたベーシックプレジャーが心地よいと感じる出来事、状況の方向性や質を決定していて、ベーシックプレジャーの欲求に見合ったパフォーマンスをすると、心地よさを感じてセルフイメージが大きくなり、高いパフォーマンスを出せるようになることは前回ご説明しました。

つまり、どんなベーシッックプレジャーが形成されているかが、パフォーマンスを向上させることに大きく影響していて、パフォーマンスの向上につながる出来事や状況が心地よいと感じるようなベーシックプレジャーを形成していくことがとても重要な作業だということです。

パフォーマンスとベーシッックプレジャー

パフォーマンスとベーシッックプレジャー

上図の上側のようにベーシックプレジャーが「走る=辛い」となっていると走ることで心の状態がアンフルネスになり、パフォーマンス(走ることによる効果)は低下してしまいます。
上図の下側のようにベーシックプレジャーが「走る=楽しい」になっていれば、心の状態がフルネスになりパフォーマンス(走ることによる効果)は向上します。

つまり、同じ「走る」というトレーニングをしても、ベーシッックプレジャーがどのように定義づけられているかによって効果が変わり、その積み重ねはさらに大きなパフォーマンス(結果)の差につながってくるということです。

ここで問題になるのは、現在のベーシックプレジャーがパフォーマンスの低下につながるように潜在意識の中に定義されている場合です。
ベーシックプレジャーが現在のままだとパフォーマンスが向上しにくいからです。

ポイント

ポイント

ベーシックプレジャー(心地よいと感じること)を作っているのはほとんどが過去の自分の選択です。
例えばタバコ・・最初は美味しいと思わないのに何かにあこがれて(煙草を吸うのがカッコイイ)といった情報をもとに、煙草を吸い続けることで煙草を美味しく感じるようになります。

ビールなどもそうでしょう。
最初からうまいと思う人もいますが、ほとんどの場合、最初は苦くてマズイビールが楽しい思い出の中にビールが繰り返し登場することでとても美味しい飲み物に変わっていきます。

どんなベーシックプレジャーが形成されることがパフォーマンスを向上させる選択に繋がるかを知って、その選択を心地よいという感覚と繰り返し結び付けて使うことで形成したいベーシックプレジャーが定着していきます。
そうなればパフォーマンスの向上につながる選択が心の状態をフルネスに導くようになり、高いパフォーマンスを安定して出すことができるようになっていきます。

ベーシックプレジャーの再形成と定着については次回のメンタルトレーニングの記事でご紹介します。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。