意思による選択の繰り返しがスキル化を促進しパフォーマンスを向上させ望ましい結果を呼び込む

結果を求める ⇨ 心がアンフルネス ⇨ パフォーマンスが低下 ⇨ 望ましくない結果

結果を求める事で焦ったり、緊張したり、不安になったり・・心がアンフルネス・ステートに陥り自分の持っているパフォーマンス(能力)を引き出せなくなってしまいます。

そうなると本来ならば得られたはずの結果を得られなくなってしまいます。

ポイント

ポイント

結果を求める事で望んだ結果が得られなくなってしまうのです。

アクティベーション・スキルの向上 ⇨ 心がフルネス ⇨ パフォーマンスの向上 ⇨ 望ましい結果

自分の持っているパフォーマンスを最大限に引き出し、望ましい結果を引き寄せるためには、結果を求めるのではなく、ワクワク、ドキドキ、やる気と自信に満ちあふれたフルネスの状態に心を導き保つ事を目指し、そのためのスキル、つまりアクティベーションスキルを向上させていく事が大切です。

選択とスキル化

選択とスキル化

アクティベーションスキルは選択のスキルです。

行動、考え方、生活習慣、体の扱い方、感情の誘導法など、様々な分野にどんな選択があるかを知って、心をフルネスな状態に保つための選択ができるというスキルです。
そして、その事によってフルネスな感覚を日常的に使用し、その感覚を強化し、フルネスな状態に導き、フルネスを保ちやすくしていくのです。

アクティベーションスキルが結果を呼ぶ

アクティベーションスキルが結果を呼ぶ

高いパフォーマンスによって望ましい結果を出すためには、先天的な要素ももちろん関係していますし、現在の基礎スキル(競技、技術、仕事など)のレベルも大切ですが、アクティベーションスキルが高くなれば練習や学びのパフォーマンスが向上しますので、基礎スキルの向上スピードも加速していきます。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。