望ましくない行動を減らすテクニック

望ましくない行動を減らすテクニックは、本人へ直接働きかけるものばかりではありません。
今回は周りの環境に変化に起こすことでをターゲット行動を減少させる方法について解説します。

環境の変化

環境の変化

刺激統制法

ターゲット行動を引き起こす(先行)刺激を対象者(又は自分)に与えない(与える機会を減らす)方法です。
例えば

「ターゲット行動」
過食

「ターゲット行動を引き起こす刺激(先行刺激)」

  • 買い置きの食品がある
  • 食品を余分に買える現金がある
  • 食品が目に入る
過食

過食

この場合、先行刺激を与えない、あるいは減らすためにどんなことができるのかを考えます。

例えば、

  • 食品の買い置きを止める
  • 余分な現金を手元に置いておかない
  • 食品を見えない場所に置くようにする

などが考えられるでしょう。

このような環境に存在する刺激をコントロールで改善していく方法を取り入れながら、行動を意志の力や認知の見直し、新しい行動パターンの獲得などの方法を実践することで変化のスピードを速めたり、成功率を高めることができるでしょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。