シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

認知行動療法でセルフ・カウンセリング・・アセスメントシート

シェアする

アセスメントシート=問題の把握

何か問題が起こったり、悩みが生じた時、上手く解決するために一番大切なのは、その問題や悩みがどういう状況でどんなものと関係しながら発生しているのかをできるだけ正確に把握することです。

認知行動療法では、まず、問題や悩みの発生や継続の仕組みをアセスメント・シートを使って分析します。

  1. 環境
  2. 認知
  3. 行動
  4. 感情
  5. 身体
  6. (過去の経験)
  7. (未来への予測)

の各分野を1つずつ詳細に検討していきます。(⑥、⑦は必要に応じて)

認知行動療法-アセスメントシート

認知行動療法-アセスメントシートの使い方

大切なのは、現状をできるだけ正確に把握し、外在化(紙に書き出すなど)して冷静に分析/対処するための下地を作ることです。
具体的な対策は、後から考えればよい(方法は別途記載)ですから、まずは全体像を把握して、問題や悩みを俯瞰できる状態を作りましょう。

カウンセリングのポイントアセスメントシートは、1度作っただけで完成するものではなく、何度も何度も繰り返し添削しながら、「まさに自分に起きていることはこれだ!!」と感じられ、納得感、シックリ感が生まれるモノにしていくことが大切です。

5:代替思考の案出シートのダウンロード