防衛機制とその機能

防衛機制とは「心の安定をはかるための自我による無意識的な防衛」です。
防衛機制には、抑圧、昇華、投影、退行など様々なものがありますが、自分を守るために無意識のうちに行われます。

自分で理解できないような感情や衝動が起こるのは、防衛機制によって、無意識のうちに行っている心の操作の副作用かもしれません。
どんなものがあるのかを理解し対策を考えていきましょう。

知性化

  • 何かと理由をつけて、自分の正当性を保障しようとしたり、満たされなかった欲求に対して適当な理由をつけて正当化しようとすること
  • 欲求、衝動などを直接的に満たしたり、解放したりすることを避け、又はこれらを抑圧する代わりに、過度な知的活動にとって変えたり、コントロールしたりすること。または、抽象化して表現すること

カウンセリングのポイント

  • 友人との関係に悩む人が、現実にその相手との問題に取り組むことを避け、一般的な友情論を展開したりする
  • がんであることを告げられた人が、「治療法もいろいろあるようですが、難しいらしいですね」などと淡々とまるで他人事のように語る。

難しい表現を使ったりすると、自分自身でも何かを理解したような気がしたり、優れた人間になった気がします。
しかし、その元にあるのは他者よりも優れていたい、支配したいという願望です。

こうした願望は、見捨てられることへの不安から起こる無力感の裏返しです。
難しい言葉や表現を使い、現実を直視するのを避けることで、自分の感情をありのままに直視することが出来なくなってしまいます

また、受け入れがたい不安や恐怖がある場合、日常では使わない言葉を使い、非現実感を感じることで、その不安や恐怖をあやふやなものとして受け入れない状態を作ります。

乱発する知的な言葉は、本質的な問題をあやふやで不明瞭なものにする煙幕として機能します。
誰かから自分の行動の問題点を指摘されると、それなりのつじつまの合った説明をします。

もちろん、自分自身もその説明は間違っ

ていないと思い込んでいて自分の行動が正当化されます。
しかし、この傾向が強すぎると問題と直接向き合うことを避けることになり、現在の自分や自分を取り巻く状況を見つめることができなくなり、問題が先送りされたり、より複雑になってしまいます。

防衛機制-知性化自分自身は、どこにも問題がないと思い込んでしまいますので、問題を解決するための思考や行動は起きなくなってしまいます。
悲しみや、怒り、嫉妬、羨望、食い意地、独占欲、軽蔑、復讐心・・人の心の底にはこういった感情が眠っています。

こういう感情を見つめ、そうした感情も含めて自分自身を受け入れ、自分自身の言葉で語ることで、目の前の問題について正しい対象ができるのです。

こんな傾向が強すぎる人は・・・

自分の感覚、感情を感じられるようにヨガ、瞑想、ボディースキャンなど、今、この瞬間に自分が、自分の体が何を感じているのかを感じ取る練習をしたり、自分が話している言葉が、心にしっくりきている感覚があるかに注意を向けながら話すのも良いでしょう。

また、視点-逆視点法などを使って自分自身を見つめなおすのも良いでしょう。

視点―逆視点法

自動思考 合理的反応
 彼との友情は自分の思う友情とは違っているんだ。  彼と一緒に過ごした時間はとても貴重だ
 価値観の異なる人と交わる時間はとても不毛だ  彼といる時間はとてもワクワクしたし、好きなんだ。だから腹が立つんだ
 ↓  ↓
  自動思考に対する合理的な反応を記入したら、その合理的反応に対する自動思考を書くといった具合に下に向かってロールプレイ形式で記述してください。