防衛機制とその機能

防衛機制とは「心の安定をはかるための自我による無意識的な防衛」です。
防衛機制には、抑圧、昇華、投影、退行など様々なものがありますが、自分を守るために無意識のうちに行われます。

自分で理解できないような感情や衝動が起こるのは、防衛機制によって、無意識のうちに行っている心の操作の副作用かもしれません。
どんなものがあるのかを理解し対策を考えていきましょう。

退置き換え

現実にある感情や行動を、感じている対象に対してではなく、何か代理となるものに、その感情、衝動を向けること。
カウンセリングのポイント

好きな人にもらったものに、その人に対する感情を持つ
上司に対する不満を、部下に当たることで解消する

感情の対象を直接の相手ではなく別のものに向けることを言います。

上司と部下の関係で中々直接に得ない場合、雰囲気の似た部下に当たってみたり、両親が権威や肩書を大切にすることに不満がある場合に、権威や肩書を大切にする人に抗ったり、愛する人のそばにずっといたいのにできない時、愛する人との思い出の品や写真に愛情を向けたり・・など直接に向けることのできない感情を別のものに対して向けるのです。
カウンセリング-置き換え

もちろん、それで問題がなければ良いのですが、仕事上でどうしてもその人と付き合わなければいけないと言った場合、「置き換えの元になっている対象はなんだろう」ということを考えてみる必要があります。

というのは、置き換えによって発生する感情は2次的なものですから、その感情の元になっている捉え方、思い出などがそのままの状態で残っていると、どうしてもその感情から逃れることができなくなってしまいます。

親が権威や肩書を大切にすることが不満で、肩書を大切にする上司や社風が受け入れられない場合、両親との関係性や思い出を見直してみて、両親との関係性を見直してみる必要があるのです。
今、感じている感情は本当にその人に対する感情ですか?人間関係に困っているなら、一度点検してみましょう。