防衛機制とその機能

防衛機制とは「心の安定をはかるための自我による無意識的な防衛」です。
防衛機制には、抑圧、昇華、投影、退行など様々なものがありますが、自分を守るために無意識のうちに行われます。

自分で理解できないような感情や衝動が起こるのは、防衛機制によって、無意識のうちに行っている心の操作の副作用かもしれません。
どんなものがあるのかを理解し対策を考えていきましょう。

否認

現実を知覚しているが、それを受け入れて生じる不安に耐えられないと感じる時、現実を受け入れることを拒否してしまうこと。

実際に起こっていることを理解していていても、知覚した現実を認めないようにして自分を守る機能で、「現実を知覚している自分」と「知覚した内容を否認している」自分に分裂した状態のことを言います。
カウンセリングのポイントこれは、現実に起こっていることを理解しても、それを否定するために、解っている自分自身を否定している状態です。現実で起こっていることを認めてしまうと、不安や不快感など自分には耐えられなくなってしまうと感じるため、それを受け入れないようにするのです。

例えば

  • 身内が亡くなって悲しいはずなのに、自分は泣けない、泣いてはいけないと思ってしまう

のような場合です。
しかし、現実を受け入れる、認めることによって起こる感情や行動が認識され、受容されることによって、心が癒されるために必要な時間が流れ始めます。

ですから、否認することで心の時間が止まったままになり、その現実から受ける影響が長時間続くことになってしまい、長い目で見ると心身に悪影響を受けることになったり、現実世界で起きている問題にうまく対処ができなくて、かえって問題を複雑にしてしまうことになってしまいます。

人間生きていれば様々な現実に出会います。
自分のその時の感情や行動がどうも不適切だったと感じるようなことがあったら、そして、直接、または間接的にそのことからの影響を受け続けている感じがしたら、もう一度その出来事について、成長した今の自分の立場からもう一度見直してみましょう。

そして、その時の自分の感情や行動について、自分が納得できるまで考え、受け入れるための別の見方や考え方を探してみましょう。
カウンセリング・否認

こうした言動が多いと感じる人は・・・

  • その出来事はあなたの責任ですか?(円グラフ法)
  • 別の見方はありますか?(非機能的思考記録表)
  • その出来事から学ぶことや得たものはありませんか?(リストにしてみましょう)

どうしても受け入れがたい出来事の影響を受け続けている場合は、EMDR(眼球運動を使った認知処理法)、TFT(ツボ刺激を使った感情処理法)、認知療法、イメージ療法、フォーカシング(体の感覚を感じ取る感情処理法)などを専門家の指導の元行ってみると良いでしょう。