Loading

カウンセラーの役割

心理カウンセラーと相談者の関係

ご相談内容について

どんなご相談でも心を込めて受け止めさせていただきます。
「こんなこと相談したら・・・」
「ささいなことだから・・・」
ためらわないでください。
くだらない悩み、小さな悩みなんてありません。
もし辛いのなら、もし苦しいのなら
遠慮なくご相談ください。
丸ごと全部受け止めさせていただきます!

心の整理のサポート

苦しい時、辛い時は同じ考えがグルグル回ったり心がグチャグチャになってしまいます。
自分が本当は何を悩んでいるのか?
自分が本当は何を望んでいて、どうなりたいか?
そもそも問題が何なのかわからない!
など考えや感情がまとまらなくなってしまいます。
カウンセラーはそれらを受け止め、一つずつ整理していくお手伝いをさせていただきます。

問題・悪循環と
その原因を発見!

現在抱えている問題や悪循環を整理して、それを作り出しているもの(原因)を見つけていきます。
そして見つかった原因の中から、アプローチすることで問題や悪循環を軽減したり解決に繋がるものを特定していきます。
一度にすべてを解決できない場合でも、ほとんどの場合原因を特定して効果的にアプローチすることで、徐々に軽減・解決に向かっていきます。

対策と必要スキルをご提案

御相談者の心の整理が進んで問題や悪循環の原因が特定できたら、それらを改善・解決するための対策やスキルをご提案します。
ご提案する対策やスキルの中から「ぜひこれをやってみたい」と感じるものを選んで生きましょう。
同じ問題や悪循環を改善・解決するために役立つ対策やスキルが数多く存在します。
自分にとって最も効果的で魅力を感じるものを見つけましょう!

サポートと修正

対策や必要スキルのご提案をし、問題の改善・解決に向けての取り組みがスタートしたら、心理カウンセラーはご相談者のサポーターとなります。
新しい取り組みをスタートしても、すぐには効果が現れないかもしれないからです。
心理カンセラーはご相談者のサポーターとして、対策の改善や必要スキルの見直しを続けます。
ご相談者と心理カウンセラーは問題の改善・解決のチームとなって、満足できる結果が得られるまで取り組みを続けます。

アフターフォロー

ご相談者の取り組みの結果、満足できる結果が得られたら、その状態を維持・向上するためのアフターサーポートをさせていただきます。
問題の改善・解決に向けての取り組みの時より、カウンセリングの時間を徐々に減らして行きましょう!
月に1回、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回、6ヶ月に1回・・と相談しながら徐々に回数を減らして、良い状態を維持・安定させて「一人でも大丈夫!!」という自信を育てていきましょう。

心の解放の場所

特別になにかの取り組みをしなくても、目的を持って話さなくてもOKです。
心の解放や整理の場所として使ってください。
どうしても人に言えないことを言える場所として使ってください。
一人で抱え込んでいた悩みを話すことで、これから自分がどうすれば良いのかが見えてくるでしょう。
ここでは何を話しても大丈夫!!
心を解放して自分が何をしたら良いのかを見つけましょう。
そのためのお手伝いをすることがカウンセラーの仕事なのです。